出版社を探す

小さな会社のシンプルな一体型賃金制度

著:三村 正夫

紙版

内容紹介

従業員規模が小さな会社では、従業員の賃金について、これまできちんとした制度を作って運用する、ということがなかったかもしれません。たしかに、大きな会社のように精緻なしくみをつくる必要はありませんが、これからのインフレ時代、かつ人手不足の時代には、アルバイト・パートを含めて賃金が上がっていくようなしくみをつくることは、人材の採用・定着、そして成長のためにとても重要になります。
本書では、外部のコンサルタントに依頼しなくても簡単に作れる賃金制度のつくり方を紹介しています。世間相場に連動した、アルバイト・パートを含めた一体型の賃金制度で、世間相場の見方なども解説しています。小さな会社の社長さんや、顧問先をもつ社会保険労務士の方などにお勧めです。

目次

プロローグ アルバイト・パートさんなど非正規従業員の賃金制度はどうするべきか
第1章 正規・非正規従業員のシンプルな賃金の決め方
第2章 世間相場連動型基本給をどのような形で自社の賃金制度に落とし込むか?
第3章 小規模企業の賃金制度はどのような制度がベストか
第4章 人手不足時代 非正規雇用のアルバイト・パートさんも退職金制度が必要では
第5章 非正規労働者
アルバイト・パートさんの正社員への転換と無期転換制度について
参考資料

著者略歴

著:三村 正夫
福井県福井市生まれ。芝浦工業大学卒業後、日本生命に入社。平成13年に独立し、株式会社三村式経営労務研究所・三村社会保険労務士事務所代表。社会保険・労働保険・生命保険・損害保険の総合的な面から見た有利な制度の活用や、就業規則の作成を企業や大学で指導。社会保険労務士・行政書士など22種の資格を取得。
著書に、「改訂3版 サッと作れる小規模企業の就業規則」「改訂版サッと作れる小規模企業の賃金制度」「サッと作れる小規模企業の人事制度」(いずれも経営書院)。

ISBN:9784863263444
出版社:産労総合研究所出版部経営書院
判型:4-6
ページ数:214ページ
定価:1800円(本体)
発行年月日:2023年02月
発売日:2023年02月13日
国際分類コード【Thema(シーマ)】 1:KJ