出版社を探す

60分でわかる! IoTビジネス最前線

改訂2版

著:IoTビジネス研究会

紙版

内容紹介

最新のIoTビジネスについてわかりやすく解説する「60分でわかる! IoTビジネス最前線」の改訂版です。IoTの基本、最新IoTの現状、IoTを支えるテクノロジ、IoTビジネスの可能性など、IoTビジネスへの第一歩を踏み出すための知識を解説しています。会議での新ビジネスの提案、企画の立案、取引先でのビジネストークなど、ビジネスマンがよく使うIoTビジネスのネタを60分で仕込むことができます。

目次

■Chapter1 今さら聞けない! IoTの基本
これがIoTだ!
走る巨大なセンサー? IoTが創る未来の自動車像とは?
IoTで新産業が活性化! 「UBER」「MaaS」「Airbnb」
人手不足を解消する「スマートホテル」
身に付けるIoT 「ウェアラブルデバイス」
在庫管理から自動発注までを担う「スマートマット」
すでにこれだけの商品が実用化されている
なぜIoTが普及したのか
IoTで生活がどう変わる?

■Chapter2 ここまで進んだ! IoT活用の今
化学工業におけるIoTへの取り組み
ドローン点検で建物の劣化箇所を見抜く
日本酒の醸造を支える旭酒造の取り組み
稼働状況を可視化して業務の効率化を図る「KOMTRAX」
水産業で期待されるIoT活用
地域を活性化! IoTでおもてなしを強化する
IoTで待ち時間のストレスを緩和する
移動を便利にする「自転車シェアリング」
IoTと5Gで進化する「スマートハイウェイ」
医療・介護分野への導入が進むIoT
IoTで進化する鏡「スマートミラー」
注意が必要なIoTのセキュリティ
IoTデバイスの脅威となる「Mirai」
IoTの国際標準ってあるの?
国内・国外で進むIoTプロジェクト
IoTのメリットとデメリット

■Chapter3 これでわかった! IoTを支える技術
IoTを構成する「デバイス」「ゲートウェイ」「サーバ」
デバイスの役割は「センシング」と「フィードバック」
ゲートウェイの役割は「デバイスとネットの架け橋」
IoT普及の後押しとなった「SoC」
「センサー」がなければただの「モノ」
センシングを支える最新センサーの数々
多様化するセンシングとフィードバック
IoTの可能性はフィードバック次第
IoTで用いられる無線通信規格
IoTで注目される近距離無線通信と規格
IoTの実現に欠かせない国際規格「6LoWPAN」
IoT時代に適したWi-Fi規格
低消費電力で長距離通信を可能にする「LPWA」
IoTを支える「5G」の可能性
使用する無線技術を選ぶポイント
ビッグデータとIoTの関係って?
ビッグデータ分析には人工知能の活用が欠かせない
人工知能の核となる「ディープラーニング」
ディープラーニングを加速させる「GPU」
「組み合わせ最適化問題」を解決する最新コンピュータ

■Chapter4 低価格で誰でもできる! 身の丈IoTの第一歩
社内IoTを試すのに最適なものとは?
IoTビジネスに必要なものを確認する
リスクやコストを低減させる「プロトタイプ開発」が重要
継続的な改善を実現する開発手法
【デバイス編】センサー選びは目的や条件に合わせて
【デバイス編】マイコンボードはどれがよい?
【デバイス編】高速処理を実現する超小型AIコンピュータ
【クラウド編】開発の土台となる「IoTプラットフォーム」
【クラウド編】IoTプラットフォームの選定方法
【クラウド編】データ分析はビジネス活用の重要な役割を担う

■Chapter5 チャンスを逃すな! IoTビジネスの可能性
IoTによりビジネスモデルが大きく変わる!
IoTを活用した4パターンのビジネスモデル
市場はどこまで伸びる? IoTの将来性
これからIoT市場に参入して勝ち目はある?
新しい発想が重要! カギは「アイデア力」
クラウドファンディングを利用する
成功の秘訣は他業種とのパートナーシップ
IoTを活用しやすい企業・活用しにくい企業
業種別! IoT活用パターンを知る
IoTによる可視化が多くのメリットをもたらす
IoTの応用は無限大! 発想次第で思わぬ展開も
IoTと働き方改革
ビッグデータの活用が未来を創る
未来を切り拓くIoT

ISBN:9784297116231
出版社:技術評論社
判型:4-6
ページ数:160ページ
定価:1100円(本体)
発行年月日:2020年10月
発売日:2020年10月14日
国際分類コード【Thema(シーマ)】 1:UB