詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

二見時代小説文庫

行者と姫君 古来稀なる大目付4

著:藤 水名子

絵:安里 英晴

内容紹介

実の息子を名乗る男に、覚えのある三郎兵衛。真偽を追うとそこに!?謹厳な岡山藩池田家だが、姫君の不行跡が囁かれる。調べを進める大目付の前に不審な行者が現れるのだが…。姫君を陥れるのは誰か?大目付に仰天の隠し子!?「殿ぉーッ!」、何事にも一大事…もっと見る▼

著者略歴

藤 水名子 ふじ・みなこ
1964年、東京生まれ。作新学院を経て、日本大学文理学部中国文学科に学ぶ。1991年、『涼州賦』(集英社刊)にて「小説すばる新人賞」受賞。
主に、中国・日本を舞台とした歴史小説、時代小説を発表する。
著書に、『色判官絶句』『赤壁の宴』『紅嵐記』(講談社刊)、「開封死踊艶舞シリーズ」(徳間書店)、『あなたの胸で眠りたい』『浪漫’S−見参!桜子姫』『花道士』『赤いランタン』(集英社刊)、『花残月』(廣済堂)などがある。

  • ISBN
    9784576211923
  • 出版社
    二見書房
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    312ページ
  • 定価
    700円(本体)
  • 発行年月日
    2021年12月