詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

はじめての 日本のれきし えほん

著:溝口イタル

監:山本博文

内容紹介

縄文から令和まで、日本の変化が一気に見られるパノラマ歴史えほん縄文・弥生・古墳・飛鳥奈良・平安・鎌倉・室町・戦国・安土桃山・江戸・明治・大正・昭和・平成・令和まで、その時代を象徴する景色と人々の暮らしを詳細に描いたイラストで紹介。また、その…もっと見る▼

著者略歴

1962年大阪生まれ。関西大学工学部卒業後、セツ・モードセミナーと海外放浪生活を経てフリーのイラストレーターに。雑誌を中心に旅、民俗、食に関するイラストルポを発表する傍ら、近年は「でんしゃのひみつ」シリーズ(交通新聞社)など絵本の制作にも意欲的。絵本「ながいながい かもつれっしゃ」で第11回住田物流奨励賞特別賞を受賞。 

1957-2020年 岡山生まれ。歴史学者。東京大学文学部国史学科卒業。文学博士。東京大学史料編纂所教授。『江戸お留守居役の日記』(読売新聞社)で第40回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。『歴史をつかむ技法』(新潮新書)『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)など著書多数。『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史』の全巻監修。

  • ISBN
    9784756241221
  • 出版社
    パイ インターナショナル
  • 判型
    A4
  • ページ数
    68ページ
  • 定価
    1800円(本体)
  • 発行年月日
    2021年11月