詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

生かされて 風花

秋元千惠子作品集

著:秋元 千惠子

内容紹介

今年89歳となる歌人・秋元千惠子の主要な文業の集大成。全歌集のほか、主要評論、小説作品を収め、歌人・秋元千惠子の世界を一冊で展望する。時代の傾斜を幻視する、悲憤の祈りの行である歌と散文。半世紀を超える短歌・評論・エッセイ・小説の多彩な文業が…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

秋元千惠子(あきもと・ちえこ)
山梨県に生まれる。歌人。現代歌人協会会員。日本ペンクラブ会員。
1968年上田三四二に出会い、「新月」に入会。のち選者を務め、三四二没後、退会。1990年三四二追悼の「雉」を母体に同人誌「ぱにあ」を創刊。著書に歌集『吾が搖れやまず』『蛹の香』『王者の晩餐』『冬の蛍』、歌文集『秋元千恵子集』、評論『含羞の人─歌人・上田三四二の生涯─』『地母神の鬱 ─詩歌の環境─』など。現在、短歌文芸誌「ぱにあ」代表をつとめる。

  • ISBN
    9784909385321
  • 出版社
    現代出版社
  • 判型
    A5
  • ページ数
    776ページ
  • 定価
    8000円(本体)
  • 発行年月日
    2021年10月