詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

ちくま新書 1605

入試改革はなぜ狂って見えるか

著:物江 潤

内容紹介

総合学習、多面的評価、高大接続……。教育や入試の改革はなぜいつも見当違いばかりなのか。理想と現実のはざまで混乱する議論に惑わされないための視点とは。== 強引に推進された大学入学共通テストは受験生やその家族をさんざん振り回したあげく、制度の…もっと見る▼

著者略歴

1985年福島県生まれ。早稲田大学理工学部社会環境工学科卒業後、東北電力入社。現在は地元・福島で塾を経営するかたわら取材と執筆を行う。著書に『聞き歩き福島ノート――福島のこれからを話そう』(近未来社)、『だから、2020年大学入試改革は失敗する――ゆとり世代が警告する高大接続入試の矛盾と落とし穴』(共栄書房)、『ネトウヨとパヨク』『空気が支配する国』(新潮新書)など。

  • ISBN
    9784480074218
  • 出版社
    筑摩書房
  • 判型
    新書
  • ページ数
    224ページ
  • 定価
    800円(本体)
  • 発行年月日
    2021年10月