詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

角川新書

無印良品の教え 「仕組み」を武器にする経営

著:松井 忠三

内容紹介

38億円の赤字になった年に突然の社長就任。そこから2000ページのマニュアルを整え、組織の風土・仕組みを改革していくなかで見つけた「仕事・経営の本質」とは。良品計画元トップが語るV字回復の方法と思考。【目次】第1部 無印良品は、仕組みが9割…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

株式会社良品計画前会長。株式会社松井オフィス社長。1949年、静岡県生まれ。73年、東京教育大学(現・筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(現・西友)入社。92年良品計画へ。総務人事部長、無印良品事業部長を経て、初の減益となった2001年に社長に就任。赤字状態の組織を風土から改革し、業績のV字回復・右肩上がりの成長に向け尽力。07年には過去最高売上高(当時)となる1620億円を達成した。08年に会長に就任。10年に株式会社T&T(現・松井オフィス)を設立したのち、15年に会長を退任。

  • ISBN
    9784040824116
  • 出版社
    KADOKAWA
  • 判型
    新書
  • ページ数
    416ページ
  • 定価
    1260円(本体)
  • 発行年月日
    2021年10月