詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

アルフレッド・ウォリス

海を描きつづけた船乗り画家

著:塩田純一

内容紹介

「アルフレッド・ウォリスの絵はなぜか忘れがたい。絵とは何か。人間にとって絵を描くとはどういうことなのか。そうした根源的な問いを突き付けてくる。その問いに答える前に、ウォリスは87年という生涯をどう生きたのか。〈船乗り〉としてどんな暮らしをし…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1950年東京都に生まれる。東北大学文学部大学院修士課程美学・美術史学専攻修了。1979年より栃木県立美術館に学芸員として勤務。以後、世田谷美術館、東京都現代美術館、東京都庭園美術館、青森県立美術館美術の学芸職を歴任。2011-18年新潟市美術館館長。1999年第48回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー。現在、多摩美術大学客員教授。日本および海外の現代美術展を数多く手がける。2007年には「アルフレッド・ウォリス」展(東京都庭園美術館)を企画。著書に『イギリス美術の風景』(ブリュッケ)、『舟越桂 夏の邸宅』(求龍堂)など。

  • ISBN
    9784622089490
  • 出版社
    みすず書房
  • 判型
    A5
  • ページ数
    296ページ
  • 定価
    4500円(本体)
  • 発行年月日
    2021年09月