詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

中公文庫

時代の一面

東郷茂徳 大戦外交の手記

著:東郷 茂徳

内容紹介

太平洋戦争の開戦防止に渾身の努力を続けた東条内閣時代、戦争終結をめぐって阿南陸相と激論をたたかわせた鈴木内閣時代、著者は、奇しくも開戦と終戦という、決定的局面で2度にわたって外務大臣を務めた。本書は、外交官に任官した第一次大戦勃発の頃より第…もっと見る▼

著者略歴

東郷茂徳

一八八二(明治一五)年鹿児島に生まれる。東京帝国大学独逸文学科を卒業。一九一二(大正元)年外交官となり、奉天、ベルリン在勤の後、第一次大戦後のベルリンで勤務、欧米第一課長の時、日ソ国交回復に尽力、三三(昭和八)年欧米(後に欧亜)局長。駐独、駐ソ大使となり、ノモンハン事件を外交的に決着させる。東条内閣の外相として太平洋戦争開戦阻止に努めるが志ならず、鈴木内閣の外相を引き受け、戦争終結に尽力する。東京裁判で禁固二十年の判決を受け、五〇(二五)年獄中にて病死する。

  • ISBN
    9784122070905
  • 出版社
    中央公論新社
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    552ページ
  • 定価
    1300円(本体)
  • 発行年月日
    2021年07月