詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

ゴシック芸術に学ぶ現代の生きかた

N.ペブスナーとA.W.N.ピュージンの共通視点に立って

著:近藤 存志

内容紹介

20 世紀を代表する美術史家ニコラウス・ペヴスナーと、ゴシック・リヴァイヴァルを主導した19 世紀の建築家A. W. N. ピュージン。中世ゴシック芸術の名もなき職人たちの謙遜を称揚する2 人の言葉から、神律的社会から乖離した現代における生…もっと見る▼

著者略歴

1971 年東京生まれ。筑波大学芸術専門学群卒、英国エディンバラ大学大学院博士課程修了。PhD(エディンバラ大学)。現在、フェリス女学院大学文学部教授。専門はイギリス芸術文化史、建築史、デザイン史。著書に『時代精神と建築―近・現代イギリスにおける様式思想の展開』(知泉書館、2007年)、『現代教会建築の魅力―人はどう教会を建てるか』(教文館、2008 年)、『キリストの肖像―ラファエル前派と19 世紀イギリスの画家たち』(教文館、2013 年)、『光と影で見る近代建築』(KADOKAWA、2015 年)ほか。

  • ISBN
    9784764274495
  • 出版社
    教文館
  • 判型
    A5
  • ページ数
    150ページ
  • 定価
    1200円(本体)
  • 発行年月日
    2021年06月