詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

講談社学術文庫

憲法と国家の理論

著:清宮 四郎

解説:樋口 陽一

内容紹介

偉大なる憲法学者・清宮四郎(1898-1989年)、初の文庫版にして、重要論文を収録したアンソロジー。宮沢俊義(1899-1976年)とともに戦後日本の憲法学を主導し、その屋台骨を作った清宮四郎は、東京帝国大学を卒業したあとヨーロッパに留学…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1898-1989年。憲法学者。東京帝国大学で美濃部達吉に学び、京城帝国大学教授、東北(帝国)大学教授を歴任。我妻榮、宮沢俊義、大内兵衛らと憲法問題研究会を組織。東北大学名誉教授、日本学士院会員。主な著書に、『憲法要論』(1952年、全訂版1961年)、『憲法I』(1957年、第3版1979年)、『国家作用の理論』(1968年)、『憲法の理論』(1969年)ほか。訳書として、ハンス・ケルゼン『一般国家学』(1936年、改訳版1971年)ほか。

1934年生まれ。東北大学大学院法学研究科博士課程修了。法学博士。東北大学法学部教授、東京大学法学部教授を歴任。東北大学名誉教授、東京大学名誉教授。パリ大学名誉博士、日本学士院会員。専門は、憲法学・比較憲法学。主な著書に、『憲法』(1992年、第4版2021年)、『憲法入門』(1993年、六訂版2017年)、『国法学』(2004年、補訂版2007年)、『いま、「憲法改正」をどう考えるか』(2013年)ほか。訳書として、カール・シュミット『現代議会主義の精神史的状況 他一篇』(2015年)ほか。

  • ISBN
    9784065238264
  • 出版社
    講談社
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    424ページ
  • 定価
    1410円(本体)
  • 発行年月日
    2021年06月