詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

扶桑社新書

日本人が知らない「スーホの白い馬」の真実

著:ミンガド・ボラグ

内容紹介

モンゴル人が知らない“モンゴルの民話”が長年、日本人に親しまれてきたことはモンゴル人の私にとって驚きである。 楊海英(静岡大学教授)◎スマホで再生できるモンゴルの伝統楽器“馬頭琴”の演奏データ付き!社会主義イデオロギーのもとで量産された階級…もっと見る▼

著者略歴

ミンガド・ボラグ
1974 年、内モンゴル自治区シリンゴル生まれ。1995 年、教員養成学校であるシリンゴル盟蒙古師範学校を卒業、教員として働く。1999 年に来日。2011 年、関西学院大学教育学研究科博士課程後期課程修了。教育学博士。関西学院大学教育学部非常勤講
師などを経て、現在はフリーランスライター、翻訳・通訳、馬頭琴奏者として日本各地で活動する傍ら関西を中心に国際理解や多文化共生、外国籍児童・生徒の問題や母語教育に携わっている。2013 年、論文「『スーホの白い馬』は本当にモンゴルの民
話なのか」(『日本とモンゴル』第126 号、2013 年)で日本モンゴル協会・第6 回村上正二賞を受賞。2017 年に著書『「スーホの白い馬」の真実―モンゴル・中国・日本それぞれの姿』(風響社、2016)で第41 回日本児童文学学会奨励賞を受賞。ほかに著書や論文多数。

  • ISBN
    9784594087951
  • 出版社
    扶桑社
  • 判型
    新書
  • ページ数
    264ページ
  • 定価
    1000円(本体)
  • 発行年月日
    2021年04月