詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

生態人類学は挑む MONOGRAPH 2

ウェルビーイングを植える島

ソロモン諸島の「生態系ボーナス」

著:古澤 拓郎

内容紹介

人々による自然への介入=「植える」ことがそのまま森の保全につながる幸福な連鎖。破壊が恵みをもたらす森の生活には、祖先から培われてきた生態系ボーナスがあった。どのように自然と人間の幸福な関係はむすばれてきたのか? そのボーナスを今一度取り戻す…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授、東京大学大学院理学系研究科教授(兼任)。東京大学大学院医学系研究科修了、博士(保健学)。専門は、地域研究、人類生態学。主な著作に、『ホモ・サピエンスの15万年―連続体の人類生態史』(ミネルヴァ書房、2019年)、Living with Biodiversity in an Island Ecosystem: Cultural Adaptation in the Solomon Islands. Springer. 2016.などがある。

  • ISBN
    9784814003402
  • 出版社
    京都大学学術出版会
  • 判型
    A5
  • ページ数
    302ページ
  • 定価
    3000円(本体)
  • 発行年月日
    2021年04月