詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

社会問題に挑んだ人々

著:川名 英之

内容紹介

一人の踏み出した小さな一歩は、やがて世界を変えた──感染症、地球温暖化、公害、核兵器、難民、人種差別、政治的分断……人類を脅かす危機に立ち向かった“偉人”たちは、高い志をもって、その困難な道をいかに切り拓いたか。様々な時代と場所に生きた18…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

川名英之(かわな・ひでゆき)
環境ジャーナリスト。1935年、千葉県生まれ。東京外国語大学ドイツ語科卒、毎日新聞社に入社。1963~1964年、ウイーン大学へ文部省交換留学、社会部に所属し、主に環境庁・環境問題を担当、1985年に編集委員、89年に立教大学法学部非常勤講師。90年、毎日新聞社を定年退職し、環境問題の著述に従事。この間、津田塾大学国際学科などの非常勤講師。 
〔主な著書〕『ドキュメント 日本の公害』全13巻(1987~96年)、『検証・ダイオキシン汚染』(1998年)、『どう創る循環型社会』(1999年)、『杉並病公害』(2002年)、『世界の環境問題』全11巻(2006~2015年)、『核の時代70年』(2015年)以上緑風出版、『「地球環境」破局』(1996年)紀伊国屋書店、『こうして…森と緑は守られた 自然保護と環境の国ドイツ』(1999年)三修社、『資料「環境問題」地球環境編』(2000年)日本専門図書出版、『なぜドイツは脱原発を選んだのか 巨大事故・市民運動・国家』(2013年)合同出版

  • ISBN
    9784763409614
  • 出版社
    花伝社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    288ページ
  • 定価
    2000円(本体)
  • 発行年月日
    2021年04月