詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード、JANコード

風の領分

著:岸田 将幸

内容紹介

ごらん、これがほんとうの正午の火照り。きみに影をつくる、生きて在ることの静かな明るさ(「月明かり」)現代詩の主体と詩語のありかを問い続けてきた詩人・岸田将幸。前詩集『亀裂のオントロギー』から7年、静かなる耐久の時間を経て、限りある存在の地平…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1979年愛媛県生まれ。詩人。現在、農家。
2010年、詩集『〈孤絶-角〉』(思潮社、2009年)で第40回高見順賞受賞。2015年、詩集『亀裂のオントロギー』(思潮社、2014年)で第6回鮎川信夫賞受賞。
その他の詩集に『生まれないために』(七月堂、2004年)、『死期盲』(思潮社、2006年)、『丘の陰に取り残された馬の群れ』(ふらんす堂、2007年)、『現代詩文庫202 岸田将幸詩集』(思潮社、2013年)。
評論集に『詩の地面 詩の空』(五柳書院、2019年)。

  • ISBN
    9784908568299
  • 出版社
    書肆子午線
  • 判型
    A5変
  • ページ数
    112ページ
  • 定価
    2800円(本体)
  • 発行年月日
    2021年03月