詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

近代文学研究叢刊 70

『倫敦塔』論集 漱石のみた風景

編:鳥井 正晴

編:宮薗 美佳

編:古浦 修子

内容紹介

作家・夏目漱石の出発を告げる短篇小説『倫敦塔』を味わい尽くす論集。本書のために書き下ろした『倫敦塔』論7本は、多彩な切り口でありながら、各論者の確かな論究の先に一つの〈塔〉の像が結ばれていくような調和を生んでいる。作品をめぐる漱石書簡、漱石…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

鳥井正晴(とりい まさはる)
現在 相愛大学名誉教授。
学会 近代部会代表(平成2年4月〜平成26年3月)、阪神近代文学会代表(平成11年9月〜平成14年12月)。

宮薗美佳(みやぞの みか)
現在 常磐会学園大学教授。
学会 日本文藝学会、日本近代文学会、日本キリスト教文学会、近代部会代表(平成26年5月〜現在)、阪神近代文学会会長(令和元年7月〜現在)。

古浦修子(こうら しゅうこ)
現在 九州共立大学講師。
学会 遠藤周作学会役員(平成26年9月〜現在)、日本キリスト教文学会関西支部運営委員(平成29年7月〜現在)、日本文藝学会理事(平成30年6月〜現在)、日本キリスト教文学会、阪神近代文学会。

  • ISBN
    9784757609945
  • 出版社
    和泉書院
  • 判型
    A5
  • ページ数
    682ページ
  • 定価
    12000円(本体)
  • 発行年月日
    2021年04月