詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

国谷裕子と考える気候危機と脱炭素社会

地球の悲鳴が聞こえませんか?

監:国谷 裕子

内容紹介

「地球温暖化」により引き起こされる各種災害は、もはや気候「変動」ではなく「危機」と呼ぶべきもの。この地球温暖化の進行を食い止め、SDGsのゴール達成を目指すための「脱炭素化社会」について具体的に解説した本

著者略歴

キャスター。1957年、大阪府生まれ。米ブラウン大学卒業。企業勤務を経て、81年「NHKニュース」英語放送の翻訳、アナウンスを担当、報道の世界へ。1993〜2016年のNHK総合「クローズアップ現代」のキャスターを務め、広く共感を呼ぶ。その後、SDGsについて、広く一般に理解してもらうよう、新聞雑誌、講演等の活動を始め、現在に至る。11年に日本記者クラブ賞、16年ギャラクシー賞特別賞などを受賞。著書に『キャスターという仕事』(岩波書店)子ども向け本の監修書に『国谷裕子と考えるSDGsがわかる本』「国谷裕子とチャレンジ! 未来のためのSDGs」シリーズ(全4巻・共に文溪堂)などがある。

  • ISBN
    9784799903896
  • 出版社
    文溪堂
  • 判型
    293x215mm
  • ページ数
    112ページ
  • 定価
    4500円(本体)
  • 発行年月日
    2021年01月