詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

亡くなった人にできること 死んだ人はどこへ行き、何を思うのか

著:玉置 妙優

内容紹介

科学とスピリチュアルの両面から「死」に対する後悔や心残りを考える。「私の親への看取り方は正しかったのか?」「最期にひどい言葉を投げかけてしまったことを悔いている」「大切な人を失ったのに涙も出ないし悲しくない」……。亡くなった人に対して心残り…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

看護師・看護教員・ケアマネージャー・僧侶。東京生まれ。専修大学法学部卒業。
夫の“自然死”という死にざまがあまりに美しかったことから開眼し出家。高野山真言宗にて修行を積み僧侶となる。「非営利一般社団法人 大慈学苑」を設立し、終末期からひきこもり、不登校、子育て、希死念慮、自死ご遺族まで幅広く対象としたスピリチュアルケア活動を実施。講演会やシンポジウムなど幅広く活動している。『まずは、あなたのコップを満たしましょう』(飛鳥新社)『死にゆく人の心に寄りそう 医療と宗教の間のケア』(光文社新書)など著書多数。

  • ISBN
    9784862807830
  • 出版社
    総合法令出版
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    188ページ
  • 定価
    1300円(本体)
  • 発行年月日
    2021年01月