詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

臨床研究の道標 副読本シリーズ

医学論文査読のお作法

査読を制する者は論文を制する

著:大前 憲史

監:福原 俊一

内容紹介

福原俊一先生(京都大学 教授/福島県立医科大学 副学長)のベストセラー「臨床研究の道標」の副読本シリーズ第1作。突然訪れる「査読」の依頼。制限時間のある中で、守秘義務によりむやみには上司や先輩にも相談できず、他の方の論文を自分一人で評価しな…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

大前 憲史(おおまえ けんじ)
福島県立医科大学附属病院 臨床研究教育推進部 副部長・特任准教授
大阪生まれ大阪育ち。2003年 名古屋大学医学部医学科卒業、2003年~2010年 名古屋記念病院にて臨床研修後、泌尿器科医として勤務、2010年~2012年 東京女子医科大学泌尿器科 臨床フェロー、2012年~ 東京女子医科大学泌尿器科 助教、2015年~2018年 京都大学大学院医学研究科 医療疫学分野 博士後期課程、2018年~ 京都大学大学院医学研究科 医療疫学分野 客員研究員、2015年~2016年 福島県立医科大学 臨床研究イノベーションセンター リサーチフェロー、2016年 パラケルスス私立医科大学(ザルツブルク)・テュービンゲン大学(テュービンゲン) 日本・欧州泌尿器科学会Academic Exchange Program、2017年~2020年 福島県立医科大学附属病院 臨床研究教育推進部 副部長・特任講師(臨床研究イノベーションセンター兼務)、2020年~ 同 特任准教授、現在に至る。2015年~ 福島県須賀川市 健康長寿推進アドバイザー。

  • ISBN
    9784903803289
  • 出版社
    健康医療評価研究機構
  • 判型
    A5
  • ページ数
    168ページ
  • 定価
    3000円(本体)
  • 発行年月日
    2020年11月