詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

角川文庫

あとは野となれ大和撫子

著:宮内 悠介

内容紹介

――沙漠の国で奇跡が起きる――第157回直木賞候補作にして、第49回星雲賞受賞作!受賞歴多数、最注目の新鋭・宮内悠介が描く、爽快すぎる冒険譚!沙漠の小国家、アラルスタン。日本人少女ナツキは紛争で両親を失い、国の教育機関“後宮”に引き取られる…もっと見る▼

著者略歴

1979年東京生まれ。早稲田大学第一文学部英文科卒業。2010年「盤上の夜」で第一回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞してデビュー。12年、同名の作品集で第33回日本SF大賞を受賞。17年『彼女がエスパーだったころ』で吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で三島由紀夫賞、18年『あとは野となれ大和撫子』で星雲賞、20年『遠い他国でひょんと死ぬるや』で芸術選奨新人賞を受賞。

  • ISBN
    9784041097861
  • 出版社
    KADOKAWA
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    512ページ
  • 定価
    840円(本体)
  • 発行年月日
    2020年11月