詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

ぺーとぼく

著:やづき みちこ

絵:小川 かなこ

内容紹介

これは、ぼくとペーの12年間の物語。 ぼくがぼくになったときからペーはいた。ぼくが生まれた次の日に、ぼくの家にやってきた子猫のペー。同い年のペーとぼくは、一緒に大きくなっていく。ぼくはペーのことが大すきで、ペーもきっと、ぼくのことが大好き。…もっと見る▼

著者略歴

神奈川県生まれ。2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』(講談社)でデビュー。『しずかな日々』(講談社)で、第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞、『明日の食卓』(KADOKAWA)で、第3回神奈川本大賞を受賞。その他の作品に、『るり姉』『14歳の水平線』(以上、双葉社)、『その青の、その先の、』『体育座りで、空を見上げて』(以上、幻冬舎)、『緑のなかで』『未来の手紙』(以上、光文社)、『こんぱるいろ、彼方』(小学館)、『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』(小峰書店)など多数。

東京都生まれ。イラストレーター。絵本に『パンダのソフトクリームやさん』『うさぎさんのたんじょうび』(以上、福音館書店)など。装画を手がけた作品に、『傑作はまだ』(瀬尾まいこ・作/エムオンエンタテイメント)、『ジャパン・トリップ』(岩城けい・作/KADOKAWA)、『サーカスの夜に』(小川糸・作/新潮社)など多数。

  • ISBN
    9784774330914
  • 出版社
    くもん出版
  • 判型
    A4変
  • ページ数
    32ページ
  • 定価
    1300円(本体)
  • 発行年月日
    2020年11月