詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

平凡社新書 958

戦国北条家の判子行政

現代につながる統治システム

著:黒田 基樹

内容紹介

禄(財産)と寿(生命)、まさに穏やかなるべし―。 戦乱の世に「禄寿応穏」をスローガンに掲げ、 五代一〇〇年にわたり統治を実現した戦国北条家は、判子文化、納税や裁判の制度、公共工事など現代の統治システムの礎を築いた。領国統治の仕組みから戦国大…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1965年生まれ。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。博士(日本史学)。専門は日本中世史。現在、駿河台大学教授。著書に『戦国大名の危機管理』(角川ソフィア文庫)、『百姓から見た戦国大名』(ちくま新書)、『戦国北条五代』(星海社新書)、『戦国大名北条氏の領国支配』(岩田書院)、『中近世移行期の大名権力と村落』(校倉書房)、『戦国大名』(平凡社新書)、編著に『北条氏年表』(高志書院)、『鎌倉府発給文書の研究』(戎光祥出版)、監修に『戦国大名』(平凡社別冊太陽)など多数。

  • ISBN
    9784582859584
  • 出版社
    平凡社
  • 判型
    新書
  • ページ数
    240ページ
  • 定価
    880円(本体)
  • 発行年月日
    2020年10月