詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

きもの解体新書 日本文化から学ぶ、多くのこと

著:中谷 比佐子

内容紹介

きもの文化研究家がいま伝えたい、きものの楽しみきものを知ることで見える日本の姿「素材」「身体」「名称」「作法」「経済」日本人が育んだ技術と教養が詰まっている。きものを着るだけで、学んだことのなんと多いこと。色の組み合わせを自然から学び、仕立…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

きもの文化研究家、きものエッセイスト、きものジャーナリストとして活躍。大分県出身。共立女子大学文芸部卒業。女性誌の編集記者を経て「秋櫻舎」を設立。きもの季刊誌『きもの秋櫻』を発行。「きものが私をどう変えるか」というきっかけからきものを着続けて五十五年。きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本、美意識を学び伝承している。農林水産省蚕糸業振興審議会委員として、国産シルクブランドの開発に携わる。平成二十五年「蚕糸功績賞」を財団法人大日本蚕糸会、正仁親王より拝受。『きものサロン』などのきもの雑誌の企画・監修、執筆。「きものという農業」「麁服と繪服」など著者多数。

  • ISBN
    9784394990055
  • 出版社
    春陽堂書店
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    218ページ
  • 定価
    1800円(本体)
  • 発行年月日
    2020年10月