詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

文庫クセジュ

キリスト教会史100の日付

著:ベネディクト・セール

訳:武藤 剛史

内容紹介

教会のさまざまな相貌を描き出す 本書は、イエスの磔刑からローマ教皇フランシスコの選出まで、およそ2000年にわたるキリスト教会の歴史をたどりながら、「教会とは何か」という問いに、多面的なアプローチを試みる。 100の出来事は誰もが知っている…もっと見る▼

著者略歴

パリ第一大学で歴史学の博士号を取得、2008年よりパリ・ナンテール大学准教授、社会科学高等研究院(EHESS)の研究員。専門は中世史、とくに中世末期(13世紀から15世紀)の宗教と文化の歴史研究。主な著作に、Penser l’amitié au Moyen Âge, 2007, Les 100 mots du Moyen Âge, 2010, Les débats d’opinion à l’heure du Grand Schisme, 2016, L’invention de l’église, 2019がある。

1948年生まれ、京都大学大学院博士課程中退、フランス文学専攻。現在、共立女子大学名誉教授。著書に、『プルースト 瞬間と永遠』(洋泉社)、『印象・私・世界―「失われた時を求めて」の原母体』(水声社)、主要訳書に、ジャン・V・オカール『比類なきモーツァルト』(白水Uブックス)、ミシェル・アンリ『キリストの言葉』(白水社)、ミシェル・ロクベール『異端カタリ派の歴史』(講談社選書メチエ)、ラ・ロシュフコー『箴言集』(講談社学術文庫)、ミシェル・フイエ『キリスト教シンボル事典』、パトリック・ドゥムイ『大聖堂』、ソニア・ダルトゥ『ギリシア神話シンボル事典』(以上、白水社文庫クセジュ)などがある。

  • ISBN
    9784560510384
  • 出版社
    白水社
  • 判型
    新書
  • ページ数
    196ページ
  • 定価
    1200円(本体)
  • 発行年月日
    2020年09月