詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

教養としての歴史問題

編著:前川 一郎

他著:倉橋 耕平

他著:呉座 勇一

内容紹介

歴史問題の全体像を理解するための最良の書歴史認識問題、歴史修正主義…、なぜ「歴史」は炎上し、差別意識を助長するのか?いま世界的な争点になっている歴史問題について、歴史学だけではなく、社会学や国際政治の視点から、その背景に何があるのかに迫る。…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

前川 一郎(マエカワ イチロウ)
立命館大学教授
立命館大学・グローバル教養学部教授。専門はイギリス帝国主義、イギリス植民地史。著書に『『イギリス帝国と南アフリカ――南アフリカ連邦の形成』(ミネルヴァ書房、2006年)がある。

倉橋 耕平(クラハシ コウヘイ)
立命館大学ほか非常勤講師
立命館大学ほか非常勤講師。専門は社会学。主な著書に『歴史修正主義とサブカルチャー -90年代保守言説のメディア文化』(青弓社)、共著に『ネット右翼とは何か』がある。

呉座 勇一(ゴザ ユウイチ)
国際日本文化研究センター助教
国際日本文化研究センター助教。専門は日本中世史。主な著書に、40万部超のベストセラーとなった『応仁の乱』(中公新書、2016年)ほか、『一揆の原理』『陰謀の日本中世史』などがある。

  • ISBN
    9784492062135
  • 出版社
    東洋経済新報社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    260ページ
  • 定価
    1800円(本体)
  • 発行年月日
    2020年08月