詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

日本政治思想史

著:広岡 守穂

内容紹介

人間はどういうきっかけで政治に関心を持つようになるか。その観点をもとに幕末から戦後までの日本政治思想史を広い視野で俯瞰する。◆庶民はだれでも政治より自分の生活のほうがずっと重要である。仕事や家庭生活によほど行き詰まったときに、ようやく人びと…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

中央大学法学部教授。1951年生まれ。
おもな著書に『「豊かさ」のパラドックス』(講談社現代新書)、『男だって子育て』(岩波新書)、『父親であることは哀しくも面白い』(講談社)、『妻が僕を変えた日』(フレーベル館)、『政治と自己実現』(中央大学出版部)、『市民社会と自己実現』(有信堂)、『ジェンダーと自己実現』(有信堂)、『通俗小説論』(有信堂)、『抒情詩と叙事詩』(土曜美術社出版販売)などがある。

  • ISBN
    9784842050249
  • 出版社
    有信堂高文社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    368ページ
  • 定価
    2700円(本体)
  • 発行年月日
    2020年07月