詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

こうまのマハバット

著:市川 里美

内容紹介

ジャミーラはキルギスの村にすむ少女。夏におじいちゃんたちとすごすため、山へやってきました。そこで足にけがをしたこうまと出会い、キルギス語で「愛」という意味の「マハバット」と名付け、キズの手当てや歩く練習など、一生懸命こうまの世話をつづけます…もっと見る▼

著者略歴

岐阜県大垣市生まれ。1971年、旅行で訪れたパリにそのまま移住。その後独学で絵を学ぶ。こどもの世界をいきいきとあたたかく描く作風が特長。『とんでいきたいなあ』『ぼくのきしゃポッポー』などパリの暮らしのなかから生まれた絵本や、『じゃがいもアイスクリーム?』『ジブリルのくるま』『森からのよびごえ』『なつめやしのおむこさん』『マンモスのみずあび』『ぼくの島にようこそ!』など、世界各地を旅し、土地の子どもたちとの交流のなかから生まれた絵本など、精力的に創作を続けている。

  • ISBN
    9784776409694
  • 出版社
    BL出版
  • 判型
    A4変
  • ページ数
    32ページ
  • 定価
    1400円(本体)
  • 発行年月日
    2020年07月