詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

国家賠償法コンメンタール

第3版

著:西埜 章

内容紹介

判例や文献を大幅に追加し内容を刷新。適正な実務運用指針を示し、現時点での理論的到達点を明確にした最新かつ本格的な逐条解説書。膨大な裁判例や学説を網羅的、類型的に分析・整理・評価、長年の研究成果を盛り込み現時点での国家賠償法の到達点を明確にす…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

西埜 章(にしの あきら) 
1965年3月明治大学法学部卒業。1970年3月青山学院大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。1970年4月東邦大学一般教養科専任講師。1974年6月法学博士(青山学院大学)。1981年4月新潟大学法学部助教授。1984年4月同教授。2004年4月明治大学法科大学院教授。2013年3月同大学退職。2004年4月弁護士登録(新潟県弁護士会)。2008年6月新潟大学名誉教授。2019年5月弁護士登録取消。主要著書:『公法上の危険責任論』(東洋館出版社、1975年)、『国家賠償責任と違法性』(一粒社、1987年)、『損失補償の要否と内容』(一粒社、1991年)、『予防接種と法』(一粒社、1995年)、『国家賠償法(注解法律学全集)』(園部逸夫監修)(青林書院、1997年)、『損失補償法』(一粒社、2000年、共著)、『新潟の戦後補償』(新潟日報事業社、2002年)、『詳解損失補償の理論と実務』(プログレス、2005年、共著)、『国家補償法概説』(勁草書房、2008年)、『損失補償法コンメンタール』(勁草書房、2018年)。

  • ISBN
    9784326403783
  • 出版社
    勁草書房
  • 判型
    A5
  • ページ数
    1584ページ
  • 定価
    20000円(本体)
  • 発行年月日
    2020年06月