詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

imagination unlimited

ちいさなじょおうばちマルグリット

著:アントン・クリングス

訳:河野 万里子

内容紹介

「まほうのにわのなかまたち」は、みつばちのお城を中心にした、小さなお庭、そこに暮らす小さな生き物たちの小さなお話です。フランスでは100冊以上も続いている、大人気シリーズです。1巻目のお話の主人公は、小さな女王バチのマルグリット。女王様なん…もっと見る▼

著者略歴

1962年、フランス北部で生まれ。子どもの頃から絵を描くことが大好き。大きくなってからパリで絵を学び、広告デザイナーとして働き始めます。アパレルハウスで生地のデザインなどに携わったのち、1989年からは絵本・児童書の仕事を本格的に始めました。この「まほうのにわのなかまたち」はフランスで25年以上、子どもに絶大な支持を得ている絵本のシリーズ。タイトル数は100以上になります。絵本を製作するかたわら、アニメーションの制作なども手がけ、2017年には、本書の女王バチマルグリットを主人公にした劇場アニメが公開、テレビシリーズも順調に話数をふやしています。2019年にはルーブル美術館で、これまでの画業を一望できる展覧会も開かれました。

上智大学外国語学部フランス語学科卒業。雑誌『翻訳の世界』第13回翻訳奨励賞で最優秀賞を受賞後、翻訳家として活動を開始。コレット、サガンからノン・フィクション、児童書まで、手がける作品は多岐にわたる。主な訳書に『星の王子さま』『カモメに飛ぶことを教えた猫』『潜水服は蝶の夢を見る』、絵本に『ねむりどり』『だいすきっていいたくて』などがある。日本推理作家協会会員、日本文芸家協会会員、日本ペンクラブ子どもの本委員会委員。

  • ISBN
    9784909809216
  • 出版社
    イマジネイション・プラス
  • 判型
    230x235mm
  • ページ数
    32ページ
  • 価格
    1500円(本体)
  • 発行年月日
    2020年06月