詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

中公新書 1912

数学する精神

増補版

正しさの創造、美しさの発見

著:加藤 文元

内容紹介

数学における「正しさ」とは何だろうか。公式や証明は絶対的に正しいもので、揺るぎない「神の知」だと思っている人も少なくないだろう。しかし数学を創ったのが人間である以上、究極的には仮説的で暫定的であることを免れない。ならば「正しさ」「美しさ」は…もっと見る▼

著者略歴

加藤文元

1968年宮城県生。京都大学理学部卒業、同大学大学院理学研究科博士後期課程修了。博士(理学)。京都大学准教授、熊本大学教授等を経て、現在、東京工業大学理学院数学系教授。
『ガロア』(中公新書、2010)、『物語 数学の歴史』(中公新書、2009)、『数学の想像力』(筑摩選書、2013)、『宇宙と宇宙をつなぐ数学』(角川書店、2019)ほか多数

  • ISBN
    9784121919120
  • 出版社
    中央公論新社
  • 判型
    新書
  • ページ数
    296ページ
  • 定価
    900円(本体)
  • 発行年月日
    2020年06月