詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

平凡社新書 943

教育現場は困ってる

薄っぺらな大人をつくる実学志向

著:榎本 博明

内容紹介

いま、教育の現場では、英会話を小学校から始めるようになったり、2022年度から、高校の国語の授業で契約書の読み方を学ばせるなど、あらゆる学習において実用性を重視する実学志向が強まっている。だが、社会に出てほんとうに役に立つ教育には何が大切か…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1955年東京生まれ。東京大学教育学部教育心理学科卒業。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。博士(心理学)。カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授などを経て、現在、MP人間科学研究所代表、産業能率大学兼任講師。おもな著書に『〈ほんとうの自分〉のつくり方』(講談社現代新書)、『「やりたい仕事」病』『伸びる子どもは○○がすごい』(ともに日経プレミアシリーズ)、『「おもてなし」という残酷社会』『自己実現という罠』(ともに平凡社新書)などがある。

  • ISBN
    9784582859430
  • 出版社
    平凡社
  • 判型
    新書
  • ページ数
    224ページ
  • 定価
    800円(本体)
  • 発行年月日
    2020年06月