詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

海女たち

愛を抱かずしてどうして海に入られようか

著:ホ・ヨンソン

訳:姜 信子

訳:趙 倫子

内容紹介

◎斎藤真理子さん評(「ハフポスト日本版」2020.10.17)《本書は済州島の海女たちの暮らしと闘いがテーマとなっており、厳しく優しい海の生命力と海女たちの誇り高い人生が溶け込んだ読み応えたっぷりの一冊》◎金時鐘さん評(『現代詩手帖』202…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

一九六一年、神奈川県生まれ。作家。著書に『はじまれ 犀の角問わず語り』(サウダージ・ブックス)、『生きとし生ける空白の物語』(港の人)、『平成山椒太夫 あんじゅ、あんじゅ、さまよい安寿』(せりか書房)、『現代説経集』(ぷねうま舎)など多数。訳書に、李清俊『あなたたちの天国』(みすず書房)、ソ・ジヨン『京城のモダンガール 消費・労働・女性から見た植民地近代』(みすず書房)、ピョン・へヨン『モンスーン』(白水社)。共著に『完全版 韓国・フェミニズム・日本』(斎藤真理子編、河出書房新社)、編著に『死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集』(みすず書房)、『金石範評論集』(明石書店)など。二〇一七年、『声 千年先に届くほどに』(ぷねうま舎)で鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞。

一九七五年、大阪府大東市生まれ。韓国語講師。パンソリの鼓手および脚本家。創作パンソリに「四月の物語」「ノルボの憂鬱」。

  • ISBN
    9784787720207
  • 出版社
    新泉社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    240ページ
  • 定価
    2000円(本体)
  • 発行年月日
    2020年03月