詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

日本古代の交易と社会

著:宮川 麻紀

内容紹介

官僚機構が整備され、多くの人が集まる都城には膨大な物資が必要となる。律令国家はそうした需要を支える流通経済の仕組みをいかにして作り上げたのか。都城の東西市と地方の市に注目し、国家の管理方針の違いを考察。また、交易価格の検討から地方経済の実態…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1983年、東京都生まれ。2006年、東京大学文学部歴史文化学科卒業。2013年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。現在、帝京大学准教授・博士(文学) ※2020年2月現在
【主要編著書】『大学でまなぶ日本の歴史』第3~5章(吉川弘文館、2016年)、「律令国家と「商人」」(佐藤信編『史料・史跡と古代社会』吉川弘文館、2018年)

  • ISBN
    9784642046589
  • 出版社
    吉川弘文館
  • 判型
    A5
  • ページ数
    296ページ
  • 定価
    9500円(本体)
  • 発行年月日
    2020年03月