詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

角川文庫

あきんど 絹屋半兵衛

著:幸田 真音

内容紹介

幕末の近江で古着を商う絹屋半兵衛は、妻留津とともに染付磁器に挑む。最初の窯での失敗、販売ルート開拓の困難など、様々な壁にぶつかりながら、何とか良質な「湖東焼」を作り出すことに成功するが……。

著者略歴

1951年生まれ。米国系銀行や証券会社で、債券ディーラーなどを経て、95年『回避(ザ・ヘッジ)』(文庫版は『小説ヘッジファンド』と改題)で作家に。2000年に発表した『日本国債』は日本の財政問題に警鐘を鳴らした作品としてベストセラーなる。作品はほかに『あきんど 絹屋半兵衛』『財務省の階段』『ナナフシ』『大暴落 ガラ』『人工知能』など多数。テレビやラジオでも活躍し、政府税制調査会委員など数多くの公職も歴任。『天佑なり 高橋是清・百年前の日本国債』にて第33回新田次郎文学賞を受賞。

  • ISBN
    9784041089002
  • 出版社
    KADOKAWA
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    768ページ
  • 定価
    1180円(本体)
  • 発行年月日
    2020年01月