詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

白龍の娘

著:三宅 和久

内容紹介

東南アジア各国に伝わる様々な話を下敷きに展開する壮大な歴史ファンタジー。
第30回手塚賞佳作受賞作家による『護鬼の里』(2003年・刊)の鬼影丸誕生までの物語

目次
目次を見る▼
著者略歴

三宅和久(みやけ・かずひさ)
1962年生まれ。博多出身。内科、小児科、漢方医師。学生時代は漫画倶楽部に所属。1985年「天山の少年」で第30回手塚賞佳作受賞。1991年より10年間AMDA(アジア医師連絡協議会)に所属。クルド難民、ルワンダ難民、チェチェン難民、アフガン地震、コソボ難民など世界各地の緊急救援活動に参加。活動地は10カ国に上る。ここ15年は奨学金と廉価医療ボランティア活動をミャンマーで行っている。趣味はアニメ、歴史、民族学。
著作に児童文学『護鬼の里』『AMDA緊急救援出動せよ!』(各吉備人出版)など。

  • ISBN
    9784860696085
  • 出版社
    吉備人出版
  • 判型
    A5
  • ページ数
    144ページ
  • 価格
    1000円(本体)
  • 発行年月日
    2019年12月