詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

角川新書

地名崩壊

著:今尾 恵介

内容紹介

「ブランド地名」の拡大、「忌避される地名」の消滅、市町村合併での「ひらがな」化、「カタカナ地名」の急増。安易な地名変更で土地の歴史的重層性が失われている。地名の成立と変貌を追い、あるべき姿を考える。

目次
目次を見る▼
著者略歴

1959年横浜市生まれ。地図研究家。明治大学文学部ドイツ文学専攻中退。(一財)日本地図センター客員研究員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査を務める。『地図マニア 空想の旅』(第2回斎藤茂太賞受賞)、『今尾恵介責任編集 地図と鉄道』(第43回交通図書賞受賞)、『日本200年地図』(監修・日本地図学会2019年学会賞受賞)など地図や地形、鉄道に関する著作多数。

  • ISBN
    9784040823003
  • 出版社
    KADOKAWA
  • 判型
    新書
  • ページ数
    264ページ
  • 定価
    860円(本体)
  • 発行年月日
    2019年11月