詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

命のものさし

動物の命・人間の命・わたしの命

著:今西 乃子

写真:浜田 一男

内容紹介

捨てられる命、殺処分される命、食べられる命、動物園に展示される命……。
動物の命の「光」と「影」に向き合い続けたひとりの公務員獣医師の目を通して、
命の役割とは、命の尊厳とは何かを問う感動のノンフィクション。
小学校高学年から

目次
目次を見る▼
著者略歴

児童文学作家
児童書のノンフィクションを中心に執筆活動をしている。
大阪府岸和田市うまれ。千葉県在住。
著書『ドッグ・シェルター』(金の星社)で、第36回日本児童文学者協会新人賞を受賞。執筆の傍ら、愛犬・未来を同伴して小・中学校を中心に『命の授業』を展開。その数200校を超える。
主な著書:『犬たちをおくる日』『命を救われた捨て犬・夢之丞』(ともに金の星社)、捨て犬・未来シリーズ『命のバトンタッチ』『捨て犬・未来と子犬のマーチ』『捨て犬・未来と捨てネコ未来』『捨て犬・未来、命のメッセージ』『捨て犬・未来、命の約束』『捨て犬・未来、天国へのメッセージ』(以上岩崎書店)、『子ねこリレー大作戦』(合同出版)など多数。
日本児童文学者協会会員
http://www.noriyakko.com

1958年 千葉県うまれ。
東京写真専門学校(現ビジュアルアーツ)卒業。
1990年写真事務所を設立。
第21回日本広告写真家協会(APA)展入選。
2010年から全国各地で「小さな命の写真展」の名称で写真展開催。
『小さないのち─まほうにかけられた犬たち』(金の星社)が第21回けんぶち絵本の里大賞びばからす賞を受賞。
http://www.mirainoshippo.com

  • ISBN
    9784772613996
  • 出版社
    合同出版
  • 判型
    A5
  • ページ数
    176ページ
  • 定価
    1500円(本体)
  • 発行年月日
    2019年11月