詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

江戸川乱歩文庫

妖虫

著:江戸川 乱歩

監:落合 教幸

内容紹介

谷中の化け物屋敷で殺されたのは、美人女優の香川月子であった。
悪魔の紋章「赤いサソリ」をのこして去る、凶悪犯が狙うものとは…
めくるめく妖美怪奇の世界を展開する、巨匠・江戸川乱歩の名作長編。

著者略歴

1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去

1973年神奈川県生まれ。専門は日本の探偵小説。立教大学大学院在学中の2003年より江戸川乱歩旧蔵資料の整理、研究に携わり、17年3月まで立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センターの学術調査員を務める。『江戸川乱歩文庫』全13巻(春陽堂書店)監修。

  • ISBN
    9784394301738
  • 出版社
    春陽堂書店
  • 判型
    文庫
  • ページ数
    426ページ
  • 定価
    990円(本体)
  • 発行年月日
    2018年11月