詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

SB新書

本能寺前夜

明智光秀の苦悩と真実

著:山名 美和子

内容紹介

明智光秀の生涯を描き、本能寺の変に至った経緯(諸説ある)とその後の明智氏周辺について概説する一冊。近年あきらかとなった事実を踏まえ、"冷徹な謀反人"というイメージを覆すようなエピソードをもりこみ、明智像を描く。また、諸説ある本能寺の変の原因…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

東京生まれ。早稲田大学文学部卒業後、公立学校教員を経て作家となる。第19回歴史文学賞入賞。日本文藝家協会会員、日本ペンクラブ会報委員会委員、鳩山町文化財保護委員/町史編纂委員、朝日カルチャーセンター講師、放送大学講師。主な著書に『梅花二輪』『光る海へ』『ういろう物語』『恋する日本史』(以上、新人物往来社)、『戦国姫物語』『甲斐姫物語』(鳳書院)、「週刊 名城をゆく」(小学館)、「週刊 名将の決断」(朝日新聞出版)、『乙女でたどる日本史』(大和書房)、新書『真田一族と幸村の城』(KADOKAWA)、新書『列島縦断「幻の名城」を訪ねて』 (集英社)などがある。

  • ISBN
    9784815602819
  • 出版社
    SBクリエイティブ
  • 判型
    新書
  • ページ数
    224ページ
  • 定価
    830円(本体)
  • 発行年月日
    2019年11月