詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

量子生化学

著:ベルナール・プルマン

著:アルベルテ・プルマン

訳:江﨑 俊之

内容紹介

本書『量子生化学』の原書 Quantum Biochemistry は,1963年に刊行されたこの分野の古典的名著である.量子生化学の基礎としての分子軌道法を解説した第Ⅰ部と,生化学と関連の深い各種化合物への分子軌道法の応用を解説した第Ⅱ部…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

B.プルマン(Bernard Pullman、1919-1996)は、ソルボンヌ大学を卒業。第二次大戦中はフランス軍将校としてアフリカ・中東で過ごし1946年パリへ戻った。1946年から1954年、フランス国立科学研究センター(CNRS)で研究に従事、1954年にソルボンヌ大学教授となった。1959年には、Institut de Biologie Physico-Chimique で 量子生化学部門を率い、1967年に創立された国際量子分子科学アカデミー(International Academy of Quantum Molecular Science)の設立メンバーでもある。400篇以上の論文を執筆し、1950年代から1960年代にかけて、量子生化学という新たな分野を開拓し、量子生化学を用いて多環芳香族炭化水素(PAH)の発がん性を予測するパイオニアとなった。

A.プルマン(Alberte Pullman、1920-2011、旧姓 Bucher)は、理論量子化学者。1938年にソルボンヌ大学で研究を始めた。フランス国立科学研究センターでは計算分野にかかわり、1946に復員したB.プルマンと結婚し、1996年に夫がなくなるまで、共同で研究に従事した。B.プルマンともに、1950年代から1960年代にかけて、量子生化学という新たな分野を開拓し、量子生化学を用いて多環芳香族炭化水素(PAH)の発がん性を予測するパイオニアとなった。

1947年名古屋市に生まれる。1966年愛知県立明和高等学校卒業。1970年京都大学薬学部卒業。1975年京都大学大学院薬学研究科博士課程修了。1976年~1985年名古屋大学工学部応用化学科に大学院研究生として在籍。現在、江崎ゴム㈱代表取締役。専攻、理論医薬化学。訳書には、『定量薬物設計法』(1980)、『リチャーズ量子薬理学』(1986)、『コンピュータ分子薬理学』(1991)、『分子モデリング』(1998)、『化学者のための薬理学』(2001)、『分子モデリング概説』(2004)、『初心者のための分子モデリング』(2008)、『定量的構造活性相関』(2014、いずれも地人書館刊)がある。

  • ISBN
    9784805209349
  • 出版社
    地人書館
  • 判型
    B5
  • ページ数
    752ページ
  • 定価
    16000円(本体)
  • 発行年月日
    2019年11月