詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

地域から国民国家を問い直す

スコットランド、カタルーニャ、ウイグル、琉球・沖縄などを事例として

編著:奥野 良知

内容紹介

一つの国家に一つのネイション(国民=民族)と一つのアイデンティティしか認めない「国民国家」と対峙する少数派は吸収・統合されるしかないのか? それとも独立か? 複数のネイションが共存する国家は可能なのか? 欧州、カナダ、中国、日本を例に考察。

目次
目次を見る▼
著者略歴

愛知県立大学外国語学部教授
専門分野:カタルーニャ史、カタルーニャ地域研究
主な著作:「カタルーニャ独立問題」(『日本大百科全書〔ニッポニカ〕電子版』小学館、2018年)、「カタルーニャはなぜ独立を求めるのか?――補論:2017年10月1日の住民投票と12月21日の選挙結果」(『共生の文化研究』12号、2018年)、「カタルーニヤの独立へ向けた「プロセスprocés」の現状(2017年1月時点)と経緯」(『共生の文化研究』11号、2017年)、「18世紀カタルーニャ綿業における『自由貿易』規則(1778年)以前の亜麻布捺染についての一考察」(『愛知県立大学外国語学部紀要(地域研究・国際学編)』第46号、2014年)、『カタルーニャを知るための50章』(共編著、明石書店、2013年)、「18世紀のスペイン」(関哲行・立石博高・中塚次郎編『世界歴史大系 スペイン史1 古代~近世』山川出版社、2008年)、「18世紀カタルーニャの地域工業化――産地形成と業種転換を中心に」(『社会経済史学』第67巻第3号、2001年)、“Entre la llana i el cot…

  • ISBN
    9784750349084
  • 出版社
    明石書店
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    288ページ
  • 価格
    2600円(本体)
  • 発行年月日
    2019年10月