詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

NHK出版新書 586

「松本清張」で読む昭和史

著:原 武史

内容紹介

時代を超えて、闇は残る「社会派推理小説」というジャンルを確立した国民的作家・松本清張。格差、差別といったタブーを恐れずテーマとして取り上げる姿勢、地方から中央を相対化する視線により、その作品には昭和という時代の闇が刻印されている。代表作の数…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1962年、東京都生まれ。放送大学教授。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中退。専攻は日本政治思想史。『「民都」大阪対「帝都」東京』( 講談社選書メチエ、サントリー学芸賞受賞)、『大正天皇』(朝日文庫、毎日出版文化賞受賞)『滝山コミューン一九七四』(講談社文庫、講談社ノンフィクション賞受賞)、『昭和天皇』(岩波新書、司馬遼太郎賞受賞)、『〈女帝〉の日本史』(NHK出版新書)、『平成の終焉』(岩波新書)など著書多数。

  • ISBN
    9784140885864
  • 出版社
    NHK出版
  • 判型
    新書
  • ページ数
    224ページ
  • 定価
    800円(本体)
  • 発行年月日
    2019年10月