詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

朝日文左衛門の「事件」

著:大下 武

内容紹介

元禄、宝永、正徳年間に名古屋城を舞台にして起きた御城番の失踪、盗難事件、藩主生母のスキャンダルを、朝日文左衛門の日記から丹念に掘り起こしました。300年前の名古屋の本当の話。

目次
目次を見る▼
著者略歴

 一九四二年生まれ。早稲田大学文学部国史専修卒業。近代思想史専攻。愛知県立高校教諭を経て、春日井市教育委員会文化財課専門員として、一九九三年から二十年続いた「春日井シンポジウム」の企画、運営に携わる。  現在、NPO法人東海学センター理事。
 著書に『城北線 歴史歩き』『愛環鉄道 歴史歩き 上、下』『スカイツリーの街 歴史歩き』(大巧社)、『遠いむかしの伊勢まいり』『元禄の光と翳―朝日文左衛門の体験した「大変」―』『尾張名古屋の歴史歩き』『朝日文左衛門と歩く名古屋のまち』『尾張名古屋の武芸帳 朝日文左衛門の武芸遍歴』『朝日文左衛門の参詣日記 二つの社と二つの渡し』(ゆいぽおと)。

  • ISBN
    9784877584818
  • 出版社
    KTC中央出版
  • 判型
    4-6変
  • ページ数
    270ページ
  • 定価
    1600円(本体)
  • 発行年月日
    2019年10月