詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

NHK出版新書 597

革命と戦争のクラシック音楽史

著:片山 杜秀

内容紹介

クラシック音楽は第一級の歴史史料だ!戦争と無縁に思える芸術も、ときに戦争によって進化を遂げてきた。そんな「不都合な真実」からクラシック音楽の歴史をながめてみれば、驚きの事実が次々と立ち上がってくる。かのモーツァルトも意外と軍国的だった?ナポ…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1963年、宮城県生まれ。思想史家、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。専攻は近代政治思想史、政治文化論。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。著書に『音盤考現学』『音盤博物誌』(アルテス・パブリッシング、吉田秀和賞・サントリー学芸賞)、『未完のファシズム』(新潮選書、司馬遼太郎賞)、『「五箇条の誓文」で解く日本史』(NHK出版新書)、『鬼子の歌』(講談社)など。

  • ISBN
    9784140885970
  • 出版社
    NHK出版
  • 判型
    新書
  • ページ数
    200ページ
  • 定価
    800円(本体)
  • 発行年月日
    2019年09月