詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

山頭火の放浪・山頭火への旅

著:吉田 正孝

内容紹介

「どうせ私は下らない人間だから、下らなさを発揮するのがよいと思ふけれど。」 その独自の句を産み出すために彼はどれほどの生命の燃焼を必要としたか──。 山頭火の放浪を福岡県糟屋郡・宗像市に辿り、山頭火の人生を熊本(日奈久・人吉)・山口(防府・…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1950年、福岡県糟屋郡仲原村(現粕屋町)に生まれる。1974年、大学卒業後、2014年に至るまで国語科の教諭として福岡県内の七つの県立高校で勤務した。若い頃より山頭火への興味を抱くが、還暦前後から山頭火シンドロームに取り憑かれ現在に至る。また、おやじバンド「ザ・ベアーズ」(ほとんど知られていない)の一員として、老人施設訪問や近郊のイベントでの活動を行っている。現在も粕屋町在住。

  • ISBN
    9784910038056
  • 出版社
    花乱社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    296ページ
  • 価格
    1500円(本体)
  • 発行年月日
    2019年09月