詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

わたしの良い子

著:寺地 はるな

内容紹介

「どうしてちゃんとできないの? 他の子みたいに」 出奔した妹の子ども・朔と暮らすことになった椿。 勉強が苦手で内にこもりがちな、決して《育てやすく》はない朔との生活の中で、椿は彼を無意識に他の子どもと比べていることに気づく。 それは、大人と…もっと見る▼

著者略歴

寺地はるな
1977年佐賀県生まれ。大阪府在住。会社勤めと主婦業のかたわら小説を書きはじめ、2014年『ビオレタ』で第4回ポプラ社小説新人賞を受賞しデビュー。他の作品に『大人は泣かないと思っていた』(集英社)、『正しい愛と理想の息子』(光文社)、『夜が暗いとはかぎらない』(ポプラ社)、『架空の犬と嘘をつく猫』(中央公論新社)などがある。

  • ISBN
    9784120052309
  • 出版社
    中央公論新社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    216ページ
  • 定価
    1600円(本体)
  • 発行年月日
    2019年09月