詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

なかよしの水

タンザニアのおはなし

著:ジョン・キラカ

訳:さくま ゆみこ

内容紹介

日照りで水がなくなり、のどがからからになった森の動物たちは、水をさがしにでかけます。ようやく川を見つけますが、川の水をもらうには、ワニにいけにえを差し出さなくてはなりません。みんなはどうしたらいいか、話し合います。大きい動物たちの発言でいけ…もっと見る▼

著者略歴

〔作者〕 ジョン・キラカ (John Kilaka)
1966 年タンザニアの南西部に生まれる。幼いころから地面に絵をかくのがすきで、1990 年にはティンガティンガ派の絵を学び、独自の画風を確立。その後、自国の村々をまわって昔話の収集をはじめ、タンザニアのほかドイツ、スイスなどでストーリーテリングを行い、絵本を出版する。現代アフリカの最も有名な絵本作家のひとりである。初の絵本は『チンパンジーとさかなどろぼう』(岩波書店)。『いちばんのなかよし』(アートン)は2005 年ボローニャ国際児童図書展ニューホライズン部門ラガッツィ賞を受賞。『ごちそうの木』(西村書店)は2011 年国際児童図書評議会(IBBY)スウェーデン支部が選ぶピーターパン・シルバースター賞を受賞し、邦訳は2017 年の来日にあわせて刊行された。

〔訳者〕 さくま ゆみこ
編集者、青山学院女子短期大学子ども学科教授などを経て、現在はフリーの翻訳家。日本国際児童図書評議会(JBBY)会長。著書に『エンザロ村のかまど』(福音館書店)、『どうしてアフリカ? どうして図書館?』(あかね書房)など。訳書は『いちばんのなかよし』(アートン)、「ホーキング博士のスペース・アドベンチャー」シリーズ(岩崎書店)、『ごちそうの木』(西村書店)など多数。アフリカ子どもの本プロジェクトの代表として、アフリカの子どもに本を届ける活動や、アフリカの文化や子どものことを日本の子どもに伝える活動もしている。

  • ISBN
    9784890139996
  • 出版社
    西村書店
  • 判型
    A4
  • ページ数
    30ページ
  • 定価
    1500円(本体)
  • 発行年月日
    2019年09月