詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

苦の探究〔校訂版〕

著:蜂屋 賢喜代

内容紹介

大正から昭和にかけて伝道布教に生涯を捧げた真宗僧侶、蜂屋賢喜代の歴史的名著を現代仮名遣いにあらためた校訂版。私たちを苦しめ続ける四苦・八苦の本質を、人間の心の動きを精緻に観察することを通して明らかにし、それらのすべてを根源から克服する道が他…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

1880年、大阪市東区谷町慶徳寺に生まれる。1905年、東京巣鴨、真宗大学本科(現大谷大学)卒業。1918年、雑誌『成同』を刊行し布教・伝道活動展開。1924年、大阪天王寺の光照寺の住職となる。1964年12月13日、84歳で逝去。主な著書に、『人間道』『仏天を仰いで』『病める人へ』『歎異鈔講話』『蓮如上人御一代記聞書講話』『正信偈講話』『聞法の用意』『四十八願講話』など多数。

  • ISBN
    9784831887726
  • 出版社
    法藏館
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    174ページ
  • 定価
    1400円(本体)
  • 発行年月日
    2019年09月