詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

消えゆく砂浜を守る

海岸防災をめぐる波との闘い

著:コーネリア・ディーン

他訳:林 裕美子

他訳:宮下 純

内容紹介

砂浜の消失問題が指摘されて久しい。専門家の分析によれば、最悪の場合、今世紀末までに日本の6割の沿岸で砂浜が完全に消えるおそれがあるという。本書は、米国のジャーナリスト、コーネリア・ディーンが、丁寧な取材のもとに、砂浜の消失や海岸侵食は護岸壁…もっと見る▼

目次
目次を見る▼
著者略歴

『ニューヨーク・タイムズ』紙の科学記事編集者を経て、サイエンス・ライター、ジャーナリストとして活躍。アメリカ科学振興協会の一員であり、メットカーフ環境海洋報告諮問委員会の創設メンバーでもある。また、米国のハーバード大学、コロンビア大学、ブラウン大学などで科学ジャーナリズム学を教え、ハーバード大学では優秀な教員に与えられる賞を二度受賞している。コロンビア大学出版会から出版された本書は、海岸問題の記事を多数執筆していた時期に書かれた初の著作で、『ニューヨーク・タイムズ』紙が選ぶ1999年の書籍の最高傑作、および『図書館ジャーナル』ベスト本になっている。そのほかの著作として、研究者が一般市民やメディアに正確な科学情報を伝える際の姿勢や方法を指南するガイド本『Am I Making Myself Clear?(私の言っていることがわかりますか?)』(2009年)がある。

兵庫県生まれ。信州大学理学部生物学科卒業。同大学院理学専攻科修士課程修了。翻訳関係の個人事務所(HAYASHI英語サポート事務所)を運営。主に、動物学や陸水学の英日・日英の翻訳に携わる。また、大学で生物学・生態学を学んだ経験から、森林保全(てるはの森の会)、水環境保全(水生昆虫研究会、日本自然保護協会)、ウミガメ保護(宮崎野生動物研究会)、砂浜保全(ひむかの砂浜復元ネットワーク)などの環境保全活動を行ってきた。監訳書に『ダム湖の陸水学』(生物研究社)、『水の革命』(築地書館)。訳書に『砂―文明と自然』、『貝と文明』(ともに築地書館)、『日本の木と伝統木工芸』(海青社)。

千葉県生まれ。16歳までをカリブ海小アンティル諸島セント・マーチン島、南米ガイアナ、北米フロリダ州マイアミで過ごし、高校一年生のとき帰国して、国際基督教大学高等学校へ編入。上智大学比較文化学部卒業。仏教美術と日本画を学ぶ過程で、画材になる砂と砂浜に関心を持つ。馴染みのあるマイアミビーチの変貌のようすが書かれている記述に興味を惹かれて本書の翻訳に携わる。

  • ISBN
    9784805209318
  • 出版社
    地人書館
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    456ページ
  • 定価
    3600円(本体)
  • 発行年月日
    2019年09月