詳しくさがす

書名・副題

シリーズ名・レーベル名

著者名

出版社名

発行年月

ISBNコード

危機を生きる言葉 完結

2010年代 現代詩クロニクル

著:野村 喜和夫

内容紹介

危機を生きる言葉?あるいは、言葉を生きる危機。言葉を使う、言葉とともに生きる、それが普通の人のステージなら、言葉を生きる、それが詩人のステージだ。たとえ危機の時代にあろうとも。(「結語に代えて」)現代詩のオデュッセイア2011年~2018年…もっと見る▼

著者略歴

1951年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部日本文学科卒。戦後生まれ世代を代表する詩人のひとりとして、現代詩の先端を走りつづけるととともに、小説・批評・翻訳なども手がける。詩集に『川萎え』、『反復彷徨』、『特性のない陽のもとに』(歴程新鋭賞)、『風の配分』(高見順賞)、『ニューインスピレーション』(現代詩花椿賞)、『街の衣のいちまい下の虹は蛇だ』、『スペクタクル』、『ヌードな日』(藤村記念歴程賞)、『デジャヴュ街道』など。
選詩集に『現代詩文庫141巻 野村喜和夫詩集』などがある。小説に『骨なしオデュッセイア』、『まぜまぜ』、評論に『現代詩作マニュアル』、『萩原朔太郎』(鮎川信夫賞)、『証言と抒情―石原吉郎と私たち』、『哲学の骨、詩の肉』など。また英訳選詩集『Spectacle & Pigsty』で2012年 Best Translated Book Award in Poetry(USA)を受賞。

  • ISBN
    9784783738206
  • 出版社
    思潮社
  • 判型
    4-6
  • ページ数
    365ページ
  • 定価
    3200円(本体)
  • 発行年月日
    2019年08月